記事閲覧ランキング

このランキングは、記事の閲覧数や、配信時期などから割り出されたポイントをもとに序列付けされています。

1位 [診療報酬] コロナ回復患者の転院、個室で対応なら1日300点を加算 厚労省
2位 [診療報酬] 初・再診後の入院も10点加算、感染予防策が前提 厚労省
3位 再編方針の合意が進む重点支援区域 6病院減、急性期は636床の削減へ ほか
『MC plus Monthly』3月号
4位 [医療改革] 重点支援区域で急性期636床減、病床機能報告「月別に1年分」
5位 [診療報酬] 在宅自己注射指導管理料の対象薬剤にバイオ後続品を追加へ
6位 [診療報酬] コロナ対応に伴う一般医療への影響把握を要望 中医協・支払側
7位 [医療改革] 診療報酬などの単価を抑制すべきと提言 財政審・分科会
8位 [がん対策] 地域がん診療連携拠点、10病院を1日から新規指定 厚労省
9位 [医療改革] 大麻由来の薬の使用解禁を提案、法規制を見直しへ 厚労省
10位 [医療改革] 社会保障は高齢化による増加分を堅持 諮問会議民間議員
11位 [医療提供体制] コロナ補助金の対象、31日までの割り当て病床に 厚労省
12位 [医療改革] コロナ対応で減収の病院に診療報酬で補填を 諮問会議民間議員
13位 [診療報酬] コロナ対策で外来5点・入院10点を加算 4月実施へ事務連絡
14位 [診療報酬] 21年度の入院医療調査を6月から実施、9月ごろ結果公表 厚労省
15位 [介護] 2021年度介護報酬改定の解釈通知を発出 厚労省
16位 [医療改革] 薬局の調剤業務の外部委託が俎上に 規制改革推進会議WG
17位 [介護] 高齢者施設の集中的検査、積極的に受検の働きかけを 厚労省
18位 [医薬品] 新薬13成分23品目と再生医療等製品の薬価収載を了承 中医協
19位 [医療提供体制] 高齢者コロナワクチン接種、7月末までに終了見込みは85.6%
20位 [医療提供体制] コロナ経費補助、診療・検査医療機関に最大100万円 厚労省
21位 [医療改革] 後発医薬品使用の新目標、23年度末までに全都道府県で80%以上
22位 [診療報酬] 22年度診療報酬改定へ、7月ごろから論点整理の議論 中医協
23位 [介護] 介護施設医師のワクチン接種協力、人員基準上の配置に影響なし
24位 データ提出・フィードバック活用を推進 介護報酬改定 ほか
『MC plus Monthly』2月号
25位 [介護] 2021年度介護報酬改定を官報告示 厚労省
26位 [医療改革] 医薬品の保険給付範囲見直しなどが重点課題 諮問会議民間議員
27位 [社会福祉] ヤングケアラーの支援で報告書案を取りまとめ 厚労省と文科省
28位 [がん対策] がん10年相対生存率59.4%、院内がん登録で初の集計 国がん
29位 [介護] 2021年度介護報酬改定Q&A、第1弾を事務連絡 厚労省
30位 [医療提供体制] N95等マスク、非滅菌手袋を医療機関などに来週発送 厚労省
31位 [介護] 「シーティング」で21年度介護報酬改定のQ&A 厚労省
32位 [診療報酬] 診療報酬特例、緊急事態宣言下は全医療機関などが対象 厚労省
33位 [介護] LIFEの介護事業所で必要な利用申請手続きについて事務連絡 厚労省
34位 [診療報酬] 夜間看護体制加算、看護補助加算と共に届け出可能 厚労省
35位 [医療改革] 医科・歯科・調剤、病院と診療所の診療報酬の配分見直しも提言
36位 [医療費] 新型コロナの影響で健保組合の約8割が赤字に 21年度予算集計
37位 [介護] 高齢者施設でのコロナワクチンの打ち間違いで注意喚起 厚労省
38位 [診療報酬] 診療報酬上の経過措置を再延長、DPC機能評価係数IIは据え置き
39位 [医療提供体制] コロナ受入病床割り当て医療機関への補助を継続 厚労省
40位 [医療改革] ポリファーマシーの解消へ手順書を公表 厚労省
41位 [診療報酬] 介護施設のコロナ患者への緊急往診を診療報酬で評価 厚労省
42位 [医療改革] 要件守らないオンライン診療、厚労省が追加的な対応へ
43位 [介護] 2021年度介護報酬改定Q&A、第2弾を事務連絡 厚労省
44位 [医療提供体制] コロナワクチン被接種者の健康観察で中間報告 厚労省
45位 [介護] ADL維持等加算におけるLIFEに関するQ&A 厚労省
46位 [診療報酬] 薬価制度改革へ製薬・卸売団体などから意見聴取 中医協・部会
47位 [医薬品] 5成分9品目で市場拡大再算定、8月から薬価引き下げ 厚労省
48位 [医療提供体制] 病床機能報告、21年度から入院診療実績は前年度の通年分
49位 [診療報酬] 次期薬価改定に向けた主な課題と議論の進め方で厚労省案
50位 [介護] 勤続年数7年以上の解釈、同一法人等で通算可 厚労省がQ&A
ページトップへ