2018年度診療報酬・介護報酬同時改定 関連情報

MC plus Daily 最新記事(平日は毎日更新)RSS

2018年10月16日(火) 注目の記事
[医療改革] 後期高齢者の窓口負担引き上げ、丁寧に検討したい 根本厚労相

 根本匠厚生労働大臣は10月16日の閣議後の会見で、後期高齢者医療制度の窓口負担引き上げについての質問に、「重要なテーマなので、生活状況をはじめとする高齢者を取り巻く環境、高齢者医療費の動向や特性、高齢者医療制度の状況などを踏まえて、引き続き社会保障審議会・医療保険部会などで丁寧に検討を行う必要がある」・・

続きを読む

2018年10月17日(水) 注目の記事
[診療報酬] 医療経済実態調査の回答率向上策を提案 調査実施小委で厚労省

 厚生労働省は10月17日の中央社会保険医療協議会・調査実施小委員会に、医療経済実態調査の有効回答率向上に向けた対応案を提示した。直近の2017年に実施された調査の全体の有効回答率は56.2%。調査に協力しなかった施設にその理由を聞くと、「業務多忙」、「任意提出の調査には協力しない」、「調査内容が複雑」といった・・

続きを読む

2018年10月17日(水) 注目の記事
[診療報酬] 2018年度診療報酬改定の検証調査で調査票案提示 厚労省

 厚生労働省は10月17日に開催された、診療報酬調査専門組織の入院医療等の調査・評価分科会に、2018年度診療報酬改定の結果を検証する調査の調査票案を提示した。 調査票は対象施設の区分に応じてA~Fの6種類に分かれており、それぞれ施設、病棟、患者別の調査票などで構成される。今年度実施されるのは、▽急性期一般入院・・

続きを読む

2018年09月28日(金)
[医療費] 市町村国保の保険料格差、最小と最大で1.4倍の開き 2016年度分析

 厚生労働省はこのほど、2016年度の「市町村国民健康保険における保険料の地域差分析」を公表した。それによると、平均所得者の保険料水準を示す「標準化指数」が最大の徳島県と最小の埼玉県の差は1.4倍、都道府県内の最大・最小格差が最も大きかったのは、北海道の3.4倍、逆に最も小さかったのは茨城県の1.2倍だった。 ・・

続きを読む

2018年10月15日(月)
[経営] 商業動態統計月報 2018年8月分 経済産業省

 経済産業省は10月15日、2018年8月分の「商業動態統計月報」を公表した。ドラッグストアの販売額、店舗数に関するデータの詳細は、以下の通り(p31参照)。●販売額:▽総額/5,469億円(前年同月比5.2%増)▽調剤医薬品/328億円(2.7%増)▽OTC医薬品/743億円(0.8%増)▽ヘルスケア(衛生)・介護・ベビー用品/342・・

続きを読む

2018年10月19日(金)
[予定] 注目される来週の審議会スケジュール 10月22日~10月27日

 来週10月22日(月)からの注目される厚生行政関連の審議会は以下の通りです。10月22日(月)14:00-16:00 第2回上手な医療のかかり方を広めるための懇談会10月23日(火)時間未定 閣議10月24日(水)10:00-12:00 第4回高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施に関する有識者会議10月26日(金)13:30-15:30 第7回国立・・

続きを読む

もっと記事を見る

MC plus Monthly
重要政策の1カ月の動きをよむ。

MC+Monthly 2018年 9月号

厚生労働省は8月29日に2019年度の予算概算要求を公表しました。高齢化に伴う自然増は6,000億円。年末の予算編成に向け、医療・介護費の伸びをいかにして、この範囲内に収めるのか。財務省、厚生労働省、そして関係団体の攻防が続くことになります。2018年9月末で終了する診療報酬改定の経過措置についても図表を交え、詳し・・

続きを読む

MC+Monthly 2018年 8月号

医療機関にとっては死活問題にもなりかねない、医薬品などの仕入れに伴う消費税負担。厚生労働省は、これまで消費税率5%から8%への引き上げ時には診療報酬で十分補てんできていたと説明していましたが、その前提を覆す調査結果が明らかに。医療界注目の介護医療院への転換では、(株)日本経営のコンサルタントがポイント・・

続きを読む

MC+Monthly 2018年 7月号

記念すべき創刊10号の特集は、日本病院会の相澤孝夫会長、全日本病院協会の猪口雄二会長のインタビュー。2018年度診療報酬改定を振り返るとともに、団塊の世代が75歳になる2025年、さらには高齢化がピークに達する2040年を見据えた展望をそれぞれ語っています。2017年診療行為別統計も図表入りで掲載。・・・・・・7月号もくじ・・・・・

続きを読む

MC plus Scope
医業経営の専門家・有識者のインタビューや他院の先進的な取り組み事例等をよむ。

[特集] MC plus 編集部 医療・介護Q&A Vol.2

過去にMC plus Dailyで取り上げた、医療・介護Q&Aを小冊子にまとめました。ダウンロード・印刷して是非、ご活用ください。今回は以下の5項目です。・・・・・・Q&Aもくじ・・・・・・Q.1 70 歳以上の高額療養費の上限額変更について教えてくださいQ.2 ベンゾジアゼピン受容体作動薬の長期処方の減算処置に除外規定・・

続きを読む

[特集] MC plus 編集部 医療・介護Q&A Vol.1

過去にMC plus Dailyで取り上げた、医療・介護Q&Aを小冊子にまとめました。ダウンロード・印刷して是非、ご活用ください。今回は以下の5項目です。・・・・・・Q&Aもくじ・・・・・・Q.1 単一建物居住者複数人への居宅療養管理指導を2回に分けた場合の報酬算定は?Q.2 複数医療機関で【在宅患者訪問診療料】を算定・・

続きを読む

[特集] 介護医療院への転換、施設種別と転換方法の視点から検証を

 2018年度介護報酬改定の目玉となった、「介護医療院」。基本報酬や【移行定着支援加算】の新設など報酬面での優遇に加え、診療報酬上では「住まい」として扱い、在宅復帰率の計算式や自宅からの受け入れ患者数に含めることが認められるなど、介護・医療療養病床からの転換を後押しする環境が整えられた。ただし、実際の転・・

続きを読む

MC plus Tools
制度・政策の経緯、最新トピックなどをまとめた院内(社内)でつかえるツール。

介護保険サービスの 自己負担割合の見直し

介護保険サービスの自己負担について、65歳以上の第1号被保険者の負担割合が2018年8月から見直されました。具体的には、2018年7月時点で2割負担だった現役並みの所得者のうち、とくに所得が高い人たちの負担割合が3割に引き上げられました。具体的な変更点を見ていきましょう。

資料ダウンロード

70歳以上の高額療養費制度の見直し

2018年8月1日から、70歳以上の高額療養費制度が見直されます。具体的には、現役並み所得者は適用区分の細分化と限度額の引き上げが、一般所得者は外来上限額の引き上げが実施されます。今回はそれぞれの変更内容を整理します。

資料ダウンロード

高齢者の医薬品適正使用の指針

高齢者の医薬品適正使用の指針について、▽ポリファーマシー▽指針の詳細▽今後の見通し-を整理しました。

資料ダウンロード

facebookで情報配信中!! WIC twitter
ページトップへ