キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全666件中1 ~25件 表示 最初 | 前 | 1 - 2 - 3 - 4 - 5 | | 最後

    2019年12月26日(木)

    [医療提供体制] 18年の救急車による搬送人員数が過去最多 総務省消防庁

    令和元年版 救急・救助の現況(12/26)《消防庁》
    発信元:総務省 消防庁   カテゴリ: 医療提供体制 調査・統計
     総務省消防庁はこのほど、「救急・救助の現況」(2018年版)を公表した。18年の救急車による搬送人員数は過去最多となっており、半数近くが軽症だった。疾病分類別では循環器系(脳疾患、心疾患等)が多く、特に高齢者ではその割合が高くなっているという(p24参照)(p28~p30参照)。 18年の救急車による搬送人員は前年比22万4,209人増の596万295人。急病が389万1,040人で最も多く、以下は、一般負傷(91万2,346人)、・・・

    続きを読む

    2019年12月26日(木)

    [医療提供体制] 救急車使った医療機関間の転院搬送が9年連続で増加

    令和元年版 救急・救助の現況(12/26)《消防庁》
    発信元:総務省 消防庁   カテゴリ: 医療提供体制 調査・統計
     いったん医療機関に収容された患者の症状悪化などに伴い、他の医療機関に搬送するために救急車が出動する「転院搬送」の件数が9年連続で増えたことが、総務省消防庁が公表した「救急・救助の現況」(2018年版)で分かった(p31参照)。消防庁は救急車の適正な利用を呼び掛けているが、改善の兆しが見えない。 「救急・救助の現況」によると、18年の転院搬送件数は54万2,026件で、前年よりも7,954件増えた。18年の救急出動件・・・

    続きを読む

    2019年12月24日(火)

    注目の記事 [医療提供体制] 424病院の役割検証、期限を骨太方針2020に記載 厚労省

    地域医療確保に関する国と地方の協議の場(第3回 12/24)《厚生労働省・総務省》
    発信元:厚生労働省 総務省   カテゴリ: 医療提供体制
     厚生労働省は24日、診療実績や地域での自治体立・公的病院との急性期医療の競合状況といった民間病院に関するデータを、年明けに各都道府県へ提供する方針を示した。それぞれの地域医療構想調整会議(調整会議)で、地域全体での各病院の分化・連携に関する議論に活用してもらうのが目的。民間データを公表するかどうかは、都道府県側の判断に委ねる。また厚労省は、自治体立・公的病院の地域での役割について「再編統合」も含め・・・

    続きを読む

    2019年12月06日(金)

    [家計調査] 家計調査報告 19年10月分 総務省

    家計調査報告-2019年(令和元年)10月分-(12/6)《総務省》
    発信元:総務省 統計局 統計調査部 消費統計課 審査発表係   カテゴリ: 調査・統計
     総務省はこのほど、2019年10月分の「家計調査報告」を公表した。詳細は以下の通り。前年同月比は、18年1月からの調査方法の変更による影響を調整した推計値(変動調整値)。●1世帯当たりの消費支出:▽全体/27万9,671円(前年同月比:名目4.8%減、実質5.1%減)、11カ月ぶりの実質減少▽保健医療関連/1万3,727円(名目2.1%減、実質2.8%減)、5カ月ぶりの実質減少(p1~p2参照)●勤労者世帯の1世帯当たりの実収入:53万6,075・・・

    続きを読む

    2019年11月29日(金)

    [経営] 労働力調査 19年10月分速報 総務省

    労働力調査(基本集計)令和元年(2019年)10月分(速報)(11/29)《総務省》
    発信元:総務省 統計局   カテゴリ: 調査・統計
     総務省はこのほど、2019年10月分の「労働力調査(速報)」を発表した。詳細は以下の通り(完全失業者数以下はすべて産業全体の数値)。▽就業者数/産業全体・6,787万人(前年同月比62万人増)/医療・福祉・853万人(16万人増)▽完全失業者数/164万人(1万人増)▽非労働力人口/4,137万人(74万人減)▽完全失業率(季節調整値)/2.4%(対前月比0.0%)(p1~p7参照)。・・・

    続きを読む

    2019年11月29日(金)

    [経営] サービス産業動向調査速報 19年9月分 総務省

    「サービス産業動向調査」2019年(令和元年)9月分及び7~9月期(速報)(11/29)《総務省》
    発信元:総務省 統計局 統計調査部 経済統計課 動向統計審査発表係   カテゴリ: 調査・統計
     総務省は11月29日、2019年9月分の「サービス産業動向調査(速報)」を公表した。詳細は以下の通り(p4参照)。●売上高:▽医療・福祉業全体/4兆6,273億円(前年同月比2.8%増)▽医療業/3兆3,168億円(3.3%増)▽保健衛生/586億円(5.0%減)▽社会保険・社会福祉・介護事業/1兆2,518億円(2.3%増)●事業従事者数:▽医療・福祉業全体/823万人(0.9%増)▽医療業/422.2万人(0.5%増)▽保健衛生/12.4万人(3.9%減)▽社・・・

    続きを読む

    2019年11月12日(火)

    注目の記事 [医療提供体制] 公立・公的と民間病院の競合状況を可視化 橋本厚労副大臣

    地域医療確保に関する国と地方の協議の場(第2回 11/12)《厚生労働省・総務省・全国知事会》
    発信元:厚生労働省 総務省 全国知事会   カテゴリ: 医療提供体制
     橋本岳・厚生労働副大臣は12日に開かれた地域医療を確保するための「協議の場」で、公立・公的病院と民間病院の競合状況を「見える化」することを明らかにした。どのように可視化するかや、その公表の仕方などを地方三団体の関係者と近く、話し合う方針も示した。厚労省では、病床規模の縮小(ダウンサイジング)に関する予算について、年末にかけての2020年度予算の編成過程で調整。「協議の場」の次の会合は、年末ごろに開催さ・・・

    続きを読む

    2019年11月08日(金)

    [家計調査]家計調査報告 19年9月分 総務省

    家計調査報告-2019年(令和元年)9月分及び7~9月期平均-(11/8)《総務省》
    発信元:総務省 統計局 統計調査部 消費統計課 審査発表係   カテゴリ: 調査・統計
     総務省はこのほど、2019年9月分の「家計調査報告」を公表した。詳細は以下の通り。前年同月比は、2018年1月からの調査方法の変更による影響を調整した推計値(変動調整値)。●1世帯当たりの消費支出:▽全体/30万609円(前年同月比:名目9.8%増、実質9.5%増)、10カ月連続の実質増加▽保健医療関連/1万5,150円(名目26.0%増、実質26.3%増)、4カ月連続の実質増加(p1~p2参照)●勤労者世帯の1世帯当たりの実収入:45万7,42・・・

    続きを読む

    2019年11月06日(水)

    [救急医療] 19年5月から9月の熱中症による救急搬送状況 消防庁

    2019年(5月から9月)の熱中症による救急搬送状況(11/6)《総務省消防庁》
    発信元:総務省 消防庁 救急企画室   カテゴリ: 医療提供体制 調査・統計
     総務省消防庁はこのほど、2019年5月から9月までの「熱中症による救急搬送状況」を発表した。詳細は以下の通り(p1~p5参照)。●全国の救急搬送人員数:7万1,317人(前年同期比2万3,820人減)●年齢区分別の救急搬送人員数:▽高齢者/3万7,091人(構成比52.0%)▽成人/2万4,884人(34.9%)▽少年/8,707人(12.2%)▽乳幼児/634人(0.9%)▽新生児/1人(0.0%)●初診時の傷病程度別の救急搬送人員数:▽軽症/4万5,285人(63.5・・・

    続きを読む

    2019年11月01日(金)

    [経営] 労働力調査 19年9月分速報 総務省

    労働力調査(基本集計)令和元年(2019年)9月分(速報)(11/1)《総務省》
    発信元:総務省 統計局 統計調査部 労働力人口統計室   カテゴリ: 調査・統計
     総務省はこのほど、2019年9月分の「労働力調査(速報)」を発表した。詳細は以下の通り(完全失業者数以下はすべて産業全体の数値)。▽就業者数/産業全体・6,768万人(前年同月比53万人増)/医療・福祉・849万人(22万人増)▽完全失業者数/168万人(6万人増)▽非労働力人口/4,147万人(71万人減)▽完全失業率(季節調整値)/2.4%(対前月比0.2%増)(p1~p7参照)。・・・

    続きを読む

    2019年10月31日(木)

    [経営] サービス産業動向調査速報 19年8月分 総務省

    「サービス産業動向調査」令和元年8月分結果(速報)(10/31)《総務省》
    発信元:総務省 統計局 統計調査部 経済統計課   カテゴリ: 調査・統計
     総務省はこのほど、2019年8月分の「サービス産業動向調査(速報)」を公表した。詳細は以下の通り(p6参照)。●売上高:▽医療・福祉業全体/4兆6,592億円(前年同月比0.6%減)▽医療業/3兆3,556億円(0.8%減)▽保健衛生/500億円(14.8%減)▽社会保険・社会福祉・介護事業/1兆2,535億円(0.4%増)●事業従事者数:▽医療・福祉業全体/823.2万人(0.8%増)▽医療業/422.3万人(0.5%増)▽保健衛生/12.4万人(3.0%減)▽・・・

    続きを読む

    2019年10月29日(火)

    [救急医療] 19年9月の熱中症による救急搬送者数は9,532人 消防庁

    2019年9月の熱中症による救急搬送状況(10/29)《総務省消防庁》
    発信元:総務省 消防庁 救急企画室   カテゴリ: 医療提供体制 調査・統計
     2019年9月の熱中症による救急搬送人員数は9,532人で、前年よりも6,721人多かったことが、消防庁が10月29日に公表した「熱中症による救急搬送状況」で明らかになった(p1参照)。 年齢区分別にみると、高齢者が最も多く4,439人(構成比46.6%)。次いで、成人3,468人(36.4%)、少年1,535人(16.1%)、乳幼児89人(0.9%)の順だった(p2参照)(p6参照)。 また、初診時の傷病程度は、軽傷6,493人(68.1%)、中・・・

    続きを読む

    2019年10月25日(金)

    [がん対策] 緩和ケアなどのがん対策、総務省の勧告に厚労省が回答

    がん対策に関する行政評価・監視-がんの早期発見、診療体制及び緩和ケアを中心として-<勧告に対する改善措置状況(2回目のフォローアップ)の概要>(10/25)《総務省》
    発信元:総務省 行政評価局   カテゴリ: 医療制度改革 医療提供体制 医学・薬学
     総務省は25日、「がん対策に関する行政評価・監視-がんの早期発見、診療体制及び緩和ケアを中心として-の結果に基づく勧告」に対する改善措置状況について、厚生労働省から受けた回答の概要を公表した。厚労省は、がんの早期発見の取り組みとして、市区町村間の比較が可能な形でのがん検診受診率を2019年度中に公表する予定であることを回答(p10参照)。緩和ケアについては、がん診療連携拠点病院の整備指針を改定し、緩・・・

    続きを読む

    2019年10月08日(火)

    [家計調査] 家計調査報告 19年8月分 総務省

    家計調査報告-2019年(令和元年)8月分-(10/8)《総務省》
    発信元:総務省 統計局 統計調査部 消費統計課 審査発表係   カテゴリ: 調査・統計
     総務省はこのほど、2019年8月分の「家計調査報告」を公表した。詳細は以下の通り。前年同月比は、18年1月からの調査方法の変更による影響を調整した推計値(変動調整値)。●1世帯当たりの消費支出:▽全体/29万6,327円(前年同月比:名目1.3%増、実質1.0%増)、9カ月連続の実質増加▽保健医療関連/1万3,423円(名目0.8%増、実質1.0%増)、3カ月連続の実質増加(p1~p2参照)●勤労者世帯の1世帯当たりの実収入:52万1,571円・・・

    続きを読む

    2019年10月08日(火)

    [救急医療] 9月30日-10月6日の熱中症による救急搬送者数は511人 消防庁

    熱中症による救急搬送人員(9月30日-10月6日速報値)(10/8)《総務省消防庁》
    発信元:総務省 消防庁   カテゴリ: 調査・統計
     消防庁が8日に公表した、9月30日-10月6日の「熱中症による救急搬送人員数(速報値)」によると、熱中症による救急搬送人員数は511人。4月29日からの累計は、7万1,452人となった(2018年の調査期間は4月30日-9月30日まで)(p1~p2参照)。 年齢区分別の搬送人員と構成比は、乳幼児(生後28日以上7歳未満)10人(2.0%)、少年(7歳以上18歳未満)88人(17.2%)、成人(18歳以上65歳未満)186人(36.4%)、高齢者(65歳以・・・

    続きを読む

    2019年10月04日(金)

    注目の記事 [医療提供体制] 新公立病院改革プラン、865病院全てで「策定済」に

    公営企業における更なる経営改革の取組状況(10/4)《総務省》
    発信元:総務省 自治財政局 公営企業課   カテゴリ: 医療提供体制
     総務省は4日、2019年3月時点の「公営企業の経営戦略等の策定状況等」を公表した。それによると、新公立病院改革プランの策定状況は、対象病院865病院全てで「策定済」となっている(p2参照)。 同省は15年3月に「新公立病院改革ガイドライン」を示し、公立病院に対して、都道府県が策定する地域医療構想を踏まえつつ、16年度までに「新公立病院改革プラン」を策定することを要請していたが、18年3月時点では未策定が7病院あ・・・

    続きを読む

    2019年10月04日(金)

    注目の記事 [医療提供体制] 自治体病院の再編で厚労・総務省、地方三団体が協議の場

    地域医療確保に関する国と地方の協議の場(10/4)《総務省》
    発信元:総務省   カテゴリ: 医療提供体制
     自治体や日赤などが運営する424病院の地域での役割を、「再編統合」を含めて見直す必要があるとする分析結果を厚生労働省が公表したのを受けて、同省と総務省、地方三団体による「協議の場」が4日、開かれた(p3参照)。厚労省は9月26日、診療実績の分析結果を踏まえて424病院を実名で公表したが、これによって看護師が入職をためらうケースが出るなど地域で混乱が起きているという。厚労省は、地域への説明を月内にも始める・・・

    続きを読む

    2019年10月02日(水)

    [救急医療] 9月23日-9月29日の熱中症による救急搬送者数は654人 消防庁

    熱中症による救急搬送人員(9月23日-9月29日速報値)(10/2)《総務省消防庁》
    発信元:総務省 消防庁   カテゴリ: 調査・統計
     消防庁が2日に公表した、9月23日-9月29日の「熱中症による救急搬送人員数(速報値)」によると、熱中症による救急搬送人員数は654人(前年比417人増)。4月29日からの累計は、7万941人となった(2万4,254人減)(p1~p2参照)。 年齢区分別の搬送人員と構成比は、乳幼児(生後28日以上7歳未満)11人(1.7%)、少年(7歳以上18歳未満)139人(21.3%)、成人(18歳以上65歳未満)231人(35.3%)、高齢者(65歳以上)273人(・・・

    続きを読む

    2019年10月01日(火)

    [経営] 労働力調査 19年8月分速報 総務省

    労働力調査(基本集計)令和元年(2019年)8月分(速報)(10/1)《総務省》
    発信元:総務省 統計局 統計調査部 労働力人口統計室 審査発表第一係   カテゴリ: 調査・統計
     総務省は1日、2019年8月分の「労働力調査(速報)」を発表した。詳細は以下の通り(完全失業者数以下はすべて産業全体の数値)。▽就業者数/産業全体・6,751万人(前年同月比69万人増)/医療・福祉・851万人(5万人増)▽完全失業者数/157万人(13万人減)▽非労働力人口/4,177万人(59万人減)▽完全失業率(季節調整値)/2.2%(対前月比0.0%)(p1~p7参照)。・・・

    続きを読む

    2019年09月30日(月)

    [経営] サービス産業動向調査速報 19年7月分 総務省

    「サービス産業動向調査」令和元年7月分結果(速報)(9/30)《総務省》
    発信元:総務省 統計局 統計調査部 経済統計課   カテゴリ: 調査・統計
     総務省は9月30日、2019年7月分の「サービス産業動向調査(速報)」を公表した。詳細は以下の通り(p6参照)。●売上高:▽医療・福祉業全体/4兆8,337億円(前年同月比2.6%増)▽医療業/3兆4,979億円(2.9%増)▽保健衛生/603億円(11.3%減)▽社会保険・社会福祉・介護事業/1兆2,754億円(2.4%増)●事業従事者数:▽医療・福祉業全体/824.3万人(0.9%増)▽医療業/423.6万人(0.4%増)▽保健衛生/12.4万人(4.5%減)▽・・・

    続きを読む

    2019年09月30日(月)

    [医療提供体制] 18年度病院事業の医業収支比率が低下 総務省

    平成30年度 地方公営企業決算の概要(9/30)《総務省》
    発信元:総務省 自治財政局 公営企業課   カテゴリ: 調査・統計
     総務省はこのほど、2018年度の地方公営企業の決算概要を公表した。それによると、地方公共団体が運営する病院事業の医業収支比率は17年度比で0.1ポイント低下し、88.3%だった(p23参照)。 病院事業の18年度の経常収支比率は98.2%だった。医業収支比率は、職員給与などの増加によって下落傾向にあり、14年度との比較では1.6ポイント低下していた。総収支額は対前年度比で15億円改善して840億円の赤字だった(p8参照)・・・

    続きを読む

    2019年09月26日(木)

    [救急医療] 19年8月の熱中症による救急搬送者数は3万6,755人 消防庁

    2019年8月の熱中症による救急搬送状況(9/26)《総務省消防庁》
    発信元:総務省 消防庁 救急企画室   カテゴリ: 医療提供体制 調査・統計
     2019年8月の熱中症による救急搬送人員数は3万6,755人で、前年よりも6,345人多かったことが、消防庁が9月26日に公表した「熱中症による救急搬送状況」で明らかになった(p1~p2参照)。 年齢区分別にみると、高齢者が最も多く1万9,740人(構成比53.7%)。次いで、成人1万3,246人(36.0%)、少年3,494人(9.5%)、乳幼児275人(0.7%)の順だった(p2参照)(p7参照)。 また、初診時の傷病程度は、軽傷2万2,538人・・・

    続きを読む

    2019年09月25日(水)

    [救急医療] 16日-22日の熱中症による救急搬送者数は523人 消防庁

    熱中症による救急搬送人員(9月16日-9月22日速報値)(9/25)《総務省消防庁》
    発信元:総務省 消防庁   カテゴリ: 調査・統計
     消防庁が25日に公表した、16日-22日の「熱中症による救急搬送人員数(速報値)」によると、熱中症による救急搬送人員数は523人(前年比201人減)。4月29日からの累計は、6万9,514人となった(2万5,444人減)(p1~p2参照)。 年齢区分別の搬送人員と構成比は、乳幼児(生後28日以上7歳未満)11人(2.1%)、少年(7歳以上18歳未満)75人(14.3%)、成人(18歳以上65歳未満)166人(31.7%)、高齢者(65歳以上)271人(51.8・・・

    続きを読む

    2019年09月18日(水)

    [救急医療] 9日-15日の熱中症による救急搬送者数は4,243人 消防庁

    熱中症による救急搬送人員(9月9日-9月15日速報値)(9/18)《総務省消防庁》
    発信元:総務省 消防庁   カテゴリ: 医療提供体制 調査・統計
     消防庁が18日に公表した、9日-15日の「熱中症による救急搬送人員数(速報値)」によると、熱中症による救急搬送人員数は4,243人で、前年に比べて3,763人多かった。4月29日からの累計は、6万8,991人となった(前年比2万5,243人減)(p1~p2参照)。 年齢区分別の搬送人員と構成比は、乳幼児(生後28日以上7歳未満)44人(1.0%)、少年(7歳以上18歳未満)698人(16.5%)、成人(18歳以上65歳未満)1,529人(36.0%)、高齢・・・

    続きを読む

    2019年09月15日(日)

    [人口] 高齢化率、28.4%で過去最高 総務省

    統計トピックス No.121 統計からみた我が国の高齢者-「敬老の日」にちなんで-(9/15)《総務省》
    発信元:総務省 統計局 統計調査部 調査企画課   カテゴリ: 高齢者 調査・統計
     総務省はこのほど、国内の高齢者人口と就業状況を公表した。2019年9月15日現在の推計値では、65歳以上の人口は3,588万人(28.4%)、75歳以上人口では1,848万人(14.7%)で、それぞれ人口、総人口に占める割合とも過去最高だった。また、15歳以上の就業者総数に占める65歳以上の就業者数の割合も18年時点で過去最高となった(p1~p2参照)(p6参照)。 高齢者人口のピークとされる40年の推計値は、65歳以上人口が3,921万人・・・

    続きを読む

    全666件中1 ~25件 表示 最初 | 前 | 1 - 2 - 3 - 4 - 5 | | 最後
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ