キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全107件中1 ~25件 表示 最初 | 前 | 1 - 2 - 3 - 4 - 5 | | 最後

    2019年04月25日(木)

    注目の記事 [健康] 厚労省が「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」を改定・公表

    糖尿病性腎症重症化予防プログラムの改定について(4/25)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課 高齢者医療課   カテゴリ: 保健・健康 医療制度改革
     厚生労働省は4月25日、「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」を改定し、公表した。年々増加傾向にある人工透析の新規導入患者は医療費を押し上げる要因のひとつ。なかでも新規人工透析導入患者の原疾患の4割以上を占める糖尿病性腎症の重症化予防は大きな課題で、新プログラムは、▽重症化予防に取り組む際の留意点▽省内連携体制の整備、2次医療圏レベルでの連携体制づくり▽事業評価・改善の視点-などに関する記載を充実。医療費・・・

    続きを読む

    2019年04月12日(金)

    注目の記事 [医療保険] 市町村国保の17年度収支、450億円の赤字も赤字幅は縮小

    平成29年度国民健康保険(市町村)の財政状況について(4/12)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課   カテゴリ: 医療保険 予算・人事等
     厚生労働省は4月19日までに、2017年度の国民健康保険(市町村)の財政状況を公表した。それによると決算補填目的の法定外の一般会計繰入金を除く、17年度の精算後単年度収支差引額は450億円の赤字となったものの、赤字幅は前年度から1,011億円の大幅減となった(p1参照)(p3参照)。 17年度の単年度収入額は15兆3,559億円となり、前年度に比べて3,467億円(2.2%)減少した。主な内訳は、保険料(税)収入2兆7,792億円・・・

    続きを読む

    2018年03月30日(金)

    [医療保険] 国保改革、過半数の市町村で保険料が減少・維持 厚労省まとめ

    都道府県の算出による国保改革前後の保険料等の動向の取りまとめ(3/30)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課   カテゴリ: 医療保険 医療制度改革
     2018年4月施行の国民健康保険制度改革の前後で、過半数の市町村において、一般被保険者1人当たり保険料が減少、または維持されていたことが、このほど公表された厚生労働省のとりまとめで明らかになった(p1参照)。 国保の財政運営主体の都道府県への移行や、公費による財政支援の拡充といった、国保改革の影響を把握する目的で、厚労省は都道府県から提出された保険料および納付金(いずれも理論値)のデータを集計した。・・・

    続きを読む

    2018年03月09日(金)

    注目の記事 [医療保険] 市町村国保の2016年度収支、赤字額がほぼ半減 厚労省

    平成28年度国民健康保険(市町村)の財政状況について=速報=(3/9)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課   カテゴリ: 予算・人事等
     厚生労働省が3月9日にまとめた「平成28年度(2016年度)国民健康保険(市町村)の財政状況について(速報)」によると、決算補填などの法定外の一般会計繰入金を除く、2016年度の国民健康保険の精算後単年度収支差引額は、1,468億円の赤字となり、赤字額は前年度の2,822億円からほぼ半減したことが明らかになった(p1参照)(p3参照)。 2016年度の単年度収入額は15兆7,030億円(前年度比1.8%減)だった。このうち保険・・・

    続きを読む

    2017年02月28日(火)

    [医療保険] 国保の2015年度の単年度収支は2,843億円の赤字 厚労省

    平成27年度国民健康保険(市町村)の財政状況について 速報(2/28)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課   カテゴリ: 医療保険 医療制度改革
     厚生労働省がこのほど公表した「平成27年度(2015年度)国民健康保険(市町村)の財政状況 速報」によると、一般会計からの繰入金を除いた市町村国保の2015年度の単年度収支は、2,843億円の赤字であったことがわかった。赤字保険者の割合は58%で、前年度に比べ1.6ポイント増加。赤字保険者が抱える赤字総額も前年度比259億円増の1,127億円となり、厳しい財政状況が浮き彫りになった(p1~p4参照)。 2015年度の収入総額は16・・・

    続きを読む

    2016年04月20日(水)

    [健康] 糖尿病性腎症の重症化予防プログラムを公表 厚労省

    糖尿病性腎症重症化予防プログラムの策定について(4/20)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課   カテゴリ: 保健・健康
     厚生労働省は4月20日、「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」を公表した(p5~p19参照)。糖尿病による腎障害は人工透析が必要になるなど、患者のQOLの著しい低下や国民医療費の増加につながる。このため、厚労省、日本医師会、日本糖尿病対策推進会議は、2016年3月24日に連携協定を締結。自治体と医療関係者の連携を推進するため、「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」を策定した。糖尿病が重症化するリスクの高い未受診者・・・・

    続きを読む

    2016年02月29日(月)

    注目の記事 [医療保険] 国保の都道府県移行に伴い財政安定化基金を設置 国保課長会議

    全国高齢者医療主管課(部)長及び国民健康保険主管課(部)長並びに後期高齢者医療広域連合事務局長会議(2/29 )《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 高齢者医療課、国民健康保険課   カテゴリ: 医療制度改革 医療保険
     厚生労働省は2月29日、「全国高齢者医療・国民健康保険主管課(部)長及び後期高齢者医療広域連合事務局長会議」を開催し、自治体担当者に保険局の重点施策などを説明した。 厚労省は国保改革(国保の財政運営責任の都道府県への移行・2018年度完全移行等)に関して、都道府県に対する財政安定化基金の設置案を説明。給付増や保険料収納不足で財源不足になった場合に備え、一般財源からの財政補填などを行う必要がないように基・・・

    続きを読む

    2016年02月12日(金)

    [事務連絡] 東日本大震災の一部負担金免除、証明書取り扱いを周知 厚労省

    東日本大震災の被災者の一部負担金等免除証明書の取扱いについて(2/12付 事務連絡)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 保険課 国民健康保険課 高齢者医療課 医療課   カテゴリ: 診療報酬 医療保険
     厚生労働省は2月12日付で、「東日本大震災の一部負担金等免除証明書の取扱い」について、事務連絡を行った(p1~p3参照)。大震災の被災者に対して、医療機関窓口で支払う一部負担金を免除するなど、医療保険上の特例措置が設けられている。 旧避難指示区域等の被保険者等の一部負担金の免除措置については、上位所得層の被保険者等を対象外としている(p2参照)。さらに、2016年10月1日以降は、旧避難指示解除準備区域の・・・

    続きを読む

    2016年02月09日(火)

    [医療保険] 2014年度市町村国保は精算後収支差3,585億円の赤字 厚労省

    平成26年度 国民健康保険(市町村)の財政状況について(2/9)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課   カテゴリ: 医療保険
     厚生労働省は2月9日、2014年度の「国民健康保険(市町村)の財政状況(速報)」を公表した。 収支状況を見ると、収入合計は14兆3,855億円で前年度比0.3%・361億円の増加。一方、支出合計は14兆1,466億円で前年度比0.4%・603億円増加して、収支差は2,389億円の黒字(前年比242億円減)だった(p1~p3参照)。 収入の内訳は、保険料(税)3兆571億円(構成比21.6%)、国庫支出金3兆3,595億円(同23.4%)、都道府県支出金1・・・

    続きを読む

    2015年03月16日(月)

    注目の記事 [医療保険] 国保改革の保険料設定方法などを担当者に説明 全国課長会議

    平成26年度 全国高齢者医療主管課(部)長及び国民健康保険主管課(部)長及び後期高齢者医療広域連合事務局長会議(3/16 )《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 高齢者医療課、国民健康保険課   カテゴリ: 医療保険
     厚生労働省は3月16日、2014年度の「全国高齢者医療主管課(部)長および国民健康保険主管課(部)長および後期高齢者医療広域連合事務局長会議」を開催し、自治体担当者に保険局の重点施策などを説明した。 「国民健康保険の見直し」では、厚労省は「国保改革(国保の財政運営責任の都道府県への移行・2018年度完全移行等)」に関し説明。賦課・徴収の流れに関して、(1)都道府県が医療給付費などの見込みを立て、市町村ごとの・・・

    続きを読む

    2015年02月12日(木)

    注目の記事 [国保] 毎年約3,400億円の財政支援を実施 国保基盤強化協議会

    国民健康保険制度の基盤強化に関する国と地方の協議(国保基盤強化協議会)(第5回 2/12)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課   カテゴリ: 医療制度改革 医療保険
     厚生労働省は2月12日、「国民健康保険制度の基盤強化に関する国と地方の協議(国保基盤強化協議会)」を開催した。全国知事会、全国市長会、全国町村会の代表者をまじえて、国保の見直しについて討議され、「議論の取りまとめ案」(p3~p7参照)(ポイント(p8~p10参照)も掲載されている)が提示された。 取りまとめ案は、(1)公費拡充などによる財政基盤の強化、(2)運営のあり方の見直し(保険者機能の強化)、(3)・・・

    続きを読む

    2015年01月28日(水)

    [国保] 2013年度国保は実質3,139億円の赤字 厚労省

    平成25年度国民健康保険(市町村)の財政状況―速報―(1/28)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課   カテゴリ: 医療保険
     厚生労働省は1月28日、2013年度国民健康保険(市町村)の財政状況(速報)を公表した。被保険者数は3,397万人(前年度比69万人減)(p1参照)(p5参照)。国保(税)収納率は90.42%(同0.55%ポイント上昇)(p1参照)(p5~p7参照)。収支状況は、収入額が14兆3,494億円(同1.4%・1,918億円増)、支出額が14兆863億円(同1.4%・1,905億円増)、収支差引合計額は3,139億円の赤字(同85億円の赤字増)・・・

    続きを読む

    2014年08月08日(金)

    注目の記事 [国保] 国保改革で中間整理、都道府県が財政運営行い、市町村は分賦金納付

    国民健康保険制度の基盤強化に関する国と地方の協議(国保基盤強化協議会)(第4回 8/8)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課   カテゴリ: 医療制度改革 医療保険
     厚生労働省は8月8日に、「国民健康保険制度の基盤強化に関する国と地方の協議(国保基盤強化協議会)」を開催した。 この日は、国保制度見直しについて中間整理案が厚労省当局から示され、これを了承した(p3~p16参照)。 社会保障・税一体改革の中で、国保の財政基盤強化を行うことが強く求められ、「保険者を都道府県とする」方向が示された(平成27年の通常国会に法案提出予定)(p23~p26参照)。 しかし、赤字を抱・・・

    続きを読む

    2014年01月31日(金)

    [国保] 国保の財政基盤強化に向けた国と自治体の協議、26年7月に中間まとめ

    国民健康保険制度の基盤強化に関する国と地方の協議(国保基盤強化協議会)(第3回 1/31)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課   カテゴリ: 医療保険 医療制度改革
     厚生労働省は1月31日に、「国民健康保険制度の基盤強化に関する国と地方の協議(国保基盤強化協議会)」を開催した。 社会保障・税一体改革では「国保の都道府県への移管」を明確に打出している。しかし、無職の加入者が多い国保では、多額の一般会計からの繰入によって財政を支えられているのが実情であり、都道府県に移管されてもこの状況に大きな変化はない。そこで、国と自治体(都道府県と市町村)のトップが国保の財政基・・・

    続きを読む

    2014年01月28日(火)

    注目の記事 [国保] 24年度国保は実質3055億円の赤字、前年度比33億円悪化

    平成24年度国民健康保険(市町村)の財政状況―速報―(1/28)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課   カテゴリ: 医療保険
     厚生労働省は1月28日に、平成24年度国民健康保険(市町村)の財政状況(速報)を公表した。 収支状況を見ると、収入合計額は14兆1575億円で、対前年度比3.2%・4446億円の増加。一方、支出合計額は13兆8958億円で、対前年度比3.1%・4142億円増加しており、収支差引合計額は2617億円のプラスとなっている(p2~p3参照)。 収入の内訳を見ると、(1)保険料(税)が21.6%(2)国庫支出金が23.1%(3)都道府県支出金が7.4%・・・

    続きを読む

    2014年01月22日(水)

    [意見募集] レセ電子化やデータヘルス推進方針踏まえ、保健事業指針改訂

    健康保険法に基づく保健事業の実施等に関する指針(告示)の一部を改正する告示(案)等に関する御意見の募集について(1/22)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 保険課、国民健康保険課   カテゴリ: 保健・健康 医療保険
     厚生労働省は1月22日に、「健康保険法に基づく保健事業の実施等に関する指針(告示)の一部を改正する告示(案)等」に関して意見募集を開始した。提出期限は2月21日(p1参照)。 健康保険法第150条第5項、および国民健康保険法第82条第4項では、厚生労働大臣に対し「保険者の行う保健事業に関する指針」を定めるよう指示している。 ところで、昨今の特定健診導入、レセ電子化推進などに伴い、保険者では健診・レセデータ・・・

    続きを読む

    2014年01月08日(水)

    [意見募集] 国保の後期高齢者支援金などの賦課限度額を引上げ

    国民健康保険法施行令の一部を改正する政令(案)に関する意見募集について(1/8)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課   カテゴリ: 医療保険 予算・人事等
     厚生労働省は1月8日に、「国民健康保険法施行令の一部を改正する政令(案)」に関して意見募集を開始した。 これは、国民健康保険の保険料負担の公平の観点から、低所得者の保険料負担の軽減を図るとともに、保険料の賦課限度額を引上げる政令案。平成26年4月1日施行予定で、厚労省は意見を募集する。期限は平成26年2月6日まで(p1~p2参照)。 今回の改正は、国保の(1)保険料の賦課限度額の引上げ(2)保険料軽減対象の拡・・・

    続きを読む

    2013年02月05日(火)

    [健康保険] 70~74歳の高額療養費等、25年度も経過措置を延長

    健康保険法施行令等の一部を改正する政令案に関する意見の募集について(2/5)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課   カテゴリ: 医療保険
     厚生労働省は2月5日に、「健康保険法施行令等の一部を改正する政令案」について意見募集を開始した。
     改正内容は、「70~74歳における高額療養費・高額介護合算療養費の経過措置を平成25年度も継続する」というもの。
     医療保険・介護保険制度においては、患者の自己負担額が一定以上にならないように上限が定められている(高額療養費、高額介護合算療養費)。1~3割の定率負担とはいえ、一般人が支払える医療費・介護費には・・・

    続きを読む

    2013年01月31日(木)

    注目の記事 [国保] 23年度保険料収納率89%に上昇、保険料減免措置対象者拡大が要因

    平成23年度国民健康保険(市町村)の財政状況(速報)(1/31)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課   カテゴリ: 医療保険
     厚生労働省は1月31日に、平成23年度国民健康保険(市町村)の財政状況(速報)を公表した。
     収支状況を見ると、収入合計額は13兆7127億円で、対前年度比4.4%・5824億円の増加。一方、支出合計額は13兆4816億円で、対前年度比3.7%・4864億円増加しており、収支差引合計額は2312億円の黒字決算となっている(p1参照)(p3参照)
     収入の内訳を見ると、(1)保険料(税)が22.2%(2)国庫支出金が25.1%(3)都道府・・・

    続きを読む

    2012年12月03日(月)

    [意見募集] 市町村国保の財政安定化事業の延長等に伴い、関係法令を整備

    国民健康保険法施行令及び国民健康保険の国庫負担金等の算定に関する政令の一部を改正する政令案に関する意見の募集について(12/3)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課   カテゴリ: 医療保険
     厚生労働省は12月3日に、「国民健康保険法施行令及び国民健康保険の国庫負担金等の算定に関する政令」の一部を改正する政令案に関して、意見募集を開始した。
     市町村国保の運営が厳しいことが指摘されている。この背景には、高齢化の進行や経済環境の悪化という一般的な要因のほかに、「市町村という小規模な単位で運営しているために、財政基盤が不安定である」という特殊要因もある。
     この点、財政運営を安定化させるため・・・

    続きを読む

    2012年11月07日(水)

    [国保] 都国保、26年度末まで普通調整交付金8.3%、特別調整交付金0.7%に

    東京都国民健康保険委員会から答申がありました(11/7)《東京都》
    発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 国民健康保険課   カテゴリ: 医療保険
     東京都は11月7日に、「東京都国民健康保険委員会からの答申」について発表した。
     国民健康保険制度については、平成24年4月の国保法改正によって「都道府県調整交付金の割合を、これまでの7%から9%に引上げる」という見直しが行われている(p2参照)
     ちなみに、都道府県調整交付金は、市町村国保の財政不均衡を調整するために、都道府県が支出するもの。
     今般、東京都の国保委では、「引上げられた2%分の都道府県・・・

    続きを読む

    2012年09月28日(金)

    [医療保険] 被災者の一部負担免除、24年10月以降も継続する保険者を公表

    東日本大震災により被災した被保険者等の一部負担金の免除措置を平成24年10月以降も継続する保険者について(情報提供)(9/28付 事務連絡)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課   カテゴリ: 医療保険
     厚生労働省は9月28日に、東日本大震災により被災した被保険者等の一部負担金の免除措置を平成24年10月以降も継続する保険者に関する事務連絡を発出した。
     東日本大震災からの復旧が進んでいない一部地域には、医療機関窓口で支払う一部負担金の免除措置期間の延長が決定している。今般の事務連絡は、国民健康保険および後期高齢者医療における一部負担金の免除措置を平成24年10月1日以降も継続する保険者を公表するもの。
     全・・・

    続きを読む

    2012年07月24日(火)

    [医療保険] 被災者の利用者負担等減免措置、避難指示地域等には財政支援

    平成24年10月1日以降の東日本大震災により被災した被保険者に係る一部負担金の免除及び保険料(税)の減免に対する財政支援について(7/24付 事務連絡)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課   カテゴリ: 医療保険
     厚生労働省は7月24日に、「平成24年10月1日以降の東日本大震災により被災した被保険者に係る一部負担金の免除及び保険料(税)の減免に対する財政支援」に関する事務連絡を行った。
     震災被災者の中でも被災の度合いが重い方については、医療保険料や、医療機関窓口で支払う一部負担金が減額・免除されている。これは、被災者の経済的負担を軽減する狙いがあるが、減額・免除分は医療保険者が負担している。そこで、減額・免除・・・

    続きを読む

    2012年07月09日(月)

    [国保] 外国人の国保・後期高齢者医療制度、適用対象など周知求める

    外国人に対する国民健康保険又は後期高齢者医療制度の適用について(7/9付 通知)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課   カテゴリ: 医療保険
     厚生労働省は7月9日に、「外国人に対する国民健康保険又は後期高齢者医療制度の適用」に関する通知を発出した。
     住民基本台帳法の改正に伴い、国保・後期高齢者医療制度の被保険者の対象から除外される外国人が、これまでの「在留1年未満」から「在留3ヵ月以下」に変更となった(p8~p10参照)
     これに関連し、本通知では(1)中長期在留者、特別永住者などは、国保・後期高齢者医療制度の適用対象となる(2)在留が3ヵ月・・・

    続きを読む

    2012年04月27日(金)

    [退職者医療] 平成24年度の概算拠出率は4.15655‰  厚労省

    平成24年度概算拠出率について(退職者医療制度)(4/27)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課   カテゴリ: 医療保険
     厚生労働省は4月27日に、退職者医療制度にかかる平成24年度の概算拠出率について公表した。
     概算拠出率とは、被用者保険等からの拠出金を計算する根拠となるもので、平成24年度は4.15655‰(平成23年度は3.74695‰)。この率により、社会保険診療報酬支払基金は、各被用者保険等保険者の概算拠出金額を算定の上、各保険者に納付通知し、同額を徴収することとしている(p1参照)
     なお、退職者医療制度とは、国保加入者の・・・

    続きを読む

    全107件中1 ~25件 表示 最初 | 前 | 1 - 2 - 3 - 4 - 5 | | 最後
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ