キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全12件中1 ~12件 表示

    2011年12月16日(金)

    [医療提供体制] 24年度予算において、医師確保の予算確保など適切に対応

    医師数に基づく医療体制と地域医療再生計画のさらなる推進に関する質問に対する答弁書(12/16)《内閣》
    発信元:内閣   カテゴリ: 医療提供体制
     政府はこのほど、医師数に基づく医療体制と地域医療再生計画のさらなる推進に関する質問に対する答弁書を公表した。
     平成22年の「必要医師数実態調査」によると、計2万4033人の医師不足が判明した。また、この医師不足について、求人数で見ると、最も不足している地域は東京の1656人で、強ち医師の偏在ということは言えない。しかし、求人倍率で見ると、地方(特に農村部など)で医師不足による病院の閉院や一部休診などが顕著・・・

    続きを読む

    2011年12月16日(金)

    [肝炎対策] 特定B肝感染者等への給付金支払、24年1月中旬以降受付開始予定

    特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等支給関係業務の体制を整備(12/16)《社会保険診療報酬支払基金》
    発信元:社会保険診療報酬支払基金   カテゴリ: 社会福祉
     社会保険診療報酬支払基金はこのほど、特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等支給関係業務の体制を整備していくことを公表した。
     支払基金では、「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」(12月16日公布)の規定に基づき、裁判所により認定を受けた特定B型肝炎ウイルス感染者およびその相続人に対し、給付金等を支給する業務等を実施することとなった。主な業務の内容は、(1)給付金の支払(2)追加給付金・・・

    続きを読む

    2011年12月16日(金)

    [救急医療] 一般市民による心肺停止傷病者へのAED件数1298件  消防庁

    平成23年版 救急・救助の現況(12/16)《総務省》
    発信元:総務省 消防庁   カテゴリ: 調査・統計
     総務省消防庁は12月16日に、平成23年版の救急・救助の現況を発表した。それによると、平成22年中の救急自動車による救急出場件数は546万3682件で、前年に比べ34万1456件増加。また、搬送人員も497万9537人で、前年に比べ29万6546人増加している。
     現場到着までの所要時間は、全国平均8.1分(前年は7.9分)。医療機関収容までの所要時間は、全国平均37.4分(同36.1分)となっている。搬送人員の傷病の程度をみると、軽症が最も・・・

    続きを読む

    2011年12月16日(金)

    注目の記事 [医薬品] 薬事法等の制度改正に向けた意見取りまとめ案  厚科審

    厚生科学審議会 医薬品等制度改正検討部会(第9回 12/16)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 医薬食品局 総務課   カテゴリ: 医薬品・医療機器
     厚生労働省が12月16日に開催した、厚生科学審議会の医薬品等制度改正検討部会で配付された資料。この日は、厚労省当局から薬事法等制度改正のとりまとめ案が提示された。
     とりまとめ案は、大きく(1)医薬品・医療機器等関係者の安全対策への取組の推進(p5~p12参照)(2)医療上必要性の高い医薬品・医療機器等の迅速な承認等(p12~p18参照)(3)医薬品等監視の強化(p19~p20参照)―の3つの柱で構成されている。
     ・・・

    続きを読む

    2011年12月16日(金)

    [後期高齢者] 24年4月から、後期高齢者の外来医療でも高額療養費を現物給付

    「後期高齢者医療の高額療養費の支給、食事療養標準負担額及び生活療養標準負担額の減額の取扱いについて」の一部改正について(12/16付 通知)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 保険局 高齢者医療課   カテゴリ: 診療報酬
     厚生労働省は12月16日に、「後期高齢者医療の高額療養費の支給、食事療養標準負担額及び生活療養標準負担額の減額の取扱いについて」の一部改正に関する通知を発出した。
     平成24年4月1日から、外来医療においても高額療養費の現物給付化が行われる。これに伴い、後期高齢者に係る高額療養費の支給についても同様の見直し(つまり、外来における現物給付化)が行われるので、本通知ではこの取扱いを周知している(p1参照)・・・

    続きを読む

    2011年12月16日(金)

    [診療報酬] 診療報酬改定、本体への切り込みはあり得ない  小宮山厚労相

    小宮山大臣閣議後記者会見概要(12/16)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 大臣官房 総務課   カテゴリ: 医療制度改革
     小宮山厚生労働大臣が12月16日の閣議後に行った会見の概要。この日は社会保障と税の一体改革および診療報酬改定などについてコメントしている。
     冒頭、社会保障と税の一体改革の議論について、70歳~74歳の自己負担割合増や、受診時定額負担については、「今回の社会保障改革は、後世に今までのツケを回さない大きな意味を持っている。本来負担をしていただくべきところを、いつまでも止めておくことは早期に解消すべき」との・・・

    続きを読む

    2011年12月16日(金)

    [診療報酬] 健保組合赤字等を鑑み、診療報酬引き上げ断固反対の意を表明

    平成24年度診療報酬改定等に関する緊急要請(12/16)《健保連》
    発信元:健康保険組合連合会   カテゴリ: 診療報酬
     健康保険組合連合会ら支払4団体は12月16日、民主党・社会保障と税の一体改革調査会の細川会長(前厚労相)に宛てて、平成24年度診療報酬改定等に関する緊急要請を行った。
     健保連をはじめとする中医協支払側は、平成23年11月11日に小宮山厚労相に対し、「平成24年度に患者負担・保険料負担の増加につながる診療報酬引上げを行うことは、国民の理解と納得が得られない」旨、理解を求める要請書を提出している。健保連らは、現在・・・

    続きを読む

    2011年12月16日(金)

    注目の記事 [医療提供体制] 人口20万人未満等となる場合、二次医療圏設定の見直しも

    医療計画の見直し等に関する検討会(第10回 12/16)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 医政局 指導課   カテゴリ: 医療提供体制
     厚生労働省が12月16日に開催した、医療計画の見直し等に関する検討会で配付された資料。この日は、次期医療計画の見直しに向けた議論を行った。
     厚労省からは、「医療計画の見直しについて(案)」(p18~p19参照)と医療計画作成指針(案)(p22~p35参照)が提示された。
     医療計画の見直し案では、(1)二次医療圏の設定(2)疾病・事業ごとのPDCAサイクルの推進(3)在宅医療の充実・強化(4)精神疾患の医療体制構築・・・

    続きを読む

    2011年12月16日(金)

    注目の記事 [24年度予算] 社会保障・税一体改革成案を具体化し、次期国会へ法案提出

    平成24年度予算編成の基本方針~日本再生に向けて―危機をチャンスに~(12/16)《内閣》
    発信元:内閣   カテゴリ: 予算・人事等
     内閣は12月16日の閣議で、平成24年度予算編成の基本方針を決定した。現在、我が国は「少子高齢化に伴う経済・財政状況の悪化」と「震災、円高、世界的な金融不安」という2つの危機に直面している。内閣は、平成24年度予算を通じ、「危機をチャンスに」変えるため、産業構造の変革や政治・行政の仕組みの変革に取り組むことを強調している(p1参照)。このため、24年夏までに「日本再生戦略」を取りまとめ、さまざまな分野に・・・

    続きを読む

    2011年12月16日(金)

    注目の記事 [社会保障] 社会保障・税共通番号定めるマイナンバー法案を次期国会に提出

    社会保障・税に関わる番号制度に関する実務検討会(第14回 12/16)《内閣官房》
    発信元:内閣官房   カテゴリ: 医療制度改革
     内閣官房が12月16日に開催した、社会保障・税に関わる番号制度に関する実務検討会で配付された資料。この日は、(1)番号制度の法律事項に関する概要案(2)番号制度の導入に向けたロードマップ案―の2点について議論を行った。
     (1)の番号制度の法律事項に関する概要案では、法律の名称を「マイナンバー法」とすることや、制度の詳細な内容などが明らかにされている(p2~p13参照)。目立つところをあげると、(i)市町村長・・・

    続きを読む

    2011年12月16日(金)

    注目の記事 [薬価] 長期収載品の特例引下げ、24年度改定でも実施  薬価専門部会

    中央社会保険医療協議会 薬価専門部会(第77回 12/16)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 保険局 医療課   カテゴリ: 診療報酬
     厚生労働省が12月16日に開催した、中医協の薬価専門部会で配付された資料。この日は、平成24年度薬価制度改革に向けたたたき台が示され、これを了承した。
     厚労省からは、前回(12月14日)の議論を踏まえたたたき台(資料では骨子案とされているが、厚労省保険局医療課は「たたき台」とコメント)が示されている(p3~p11参照)
     今回、新たに盛り込まれた項目を見てみる。

     新薬創出・適応外薬解消等促進加算(新薬創・・・

    続きを読む

    2011年12月16日(金)

    注目の記事 [材料価格] 迅速に保険適用された医療機器、有用性を高く評価  材料部会

    中央社会保険医療協議会 保険医療材料専門部会(第53回 12/16)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 保険局 医療課   カテゴリ: 診療報酬
     厚生労働省が12月16日に開催した、中医協の保険医療材料専門部会で配付された資料。この日は、平成24年度材料価格改正に向けて、骨子を取りまとめた。年明け1月下旬に中医協総会に報告される。
     
     厚労省からは、これまでの議論を踏まえた骨子(案)が提示された(p3~p12参照)
     24年度改正の方針は、従前どおり(1)内外価格差の是正(2)イノベーション評価―の2点に絞ることができよう(p3参照)
     この方針に沿・・・

    続きを読む

    全12件中1 ~12件 表示
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ