キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全827件中1 ~25件 表示 最初 | 前 | 1 - 2 - 3 - 4 - 5 | | 最後

    2019年07月09日(火)

    注目の記事 [人事] 保険局長に濱谷浩樹・子ども家庭局長が就任 7月9日付人事

    厚生労働省辞令(7/9付)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省   カテゴリ: 予算・人事等
     厚生労働省は7月9日付けで、局長ポストなどの幹部人事を公表した。保険局長に濱谷浩樹・子ども家庭局長が、健康局長には宮嵜雅則・大臣官房生活衛生・食品安全審議官が就任。樽見英樹・保険局長は、医薬・生活衛生局長に就いた。子ども家庭局長には、渡辺由美子・大臣官房審議官(医療保険担当)が就任した(一部既報)。宇都宮啓・健康局長と宮本真司・医薬・生活衛生局長は辞職した(p1~p2参照)。 課長級人事では、医政局・・・

    続きを読む

    2019年07月02日(火)

    注目の記事 [人事] 厚生労働審議官に土屋喜久職業安定局長を登用 幹部人事で厚労相

    根本厚生労働大臣会見 概要(7/2)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 大臣官房 総務課   カテゴリ: 予算・人事等
     根本匠厚生労働大臣は7月2日の閣議後会見で、局長級以上の幹部職員の人事異動について報告した。宮川晃厚生労働審議官が退任し、後任に土屋喜久職業安定局長を登用する。定塚由美子官房長は、人材開発統括官に就任。吉本明子人材開発統括官は、中央労働委員会事務局長に就く。また、子ども家庭局長に渡辺由美子大臣官房審議官を登用する。鈴木俊彦厚生労働事務次官は留任する。7月9日付けで発令する。また、根本厚労相は幹部人事・・・

    続きを読む

    2019年05月31日(金)

    [予算] 感染症指定医療機関など43施設に総額8.8億円を補助 厚労省

    令和元年度 保健衛生施設等施設整備費補助金の内示(第1回目)(5/31)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 総務課 指導調査室   カテゴリ: 予算・人事等
     厚生労働省はこのほど、2019年度の「保健衛生施設等施設整備費補助金」について、第1回目の内示結果を公表した。43施設に対して総額8億7,951万8,000円を補助。内訳は、▽エイズ治療拠点病院2件(補助予定額1,164万3,000円)▽感染症指定医療機関13件(1億1,046万円)▽感染症外来協力医療機関2件(684万円)▽精神科病院5件(2億7,122万3,000円)▽精神科デイ・ケア施設5件(4,106万7,000円)-などとなっている(p1参照)。・・・

    続きを読む

    2019年05月15日(水)

    注目の記事 [予算] 20年度予算概算要求、タスク・シフティングへの支援など要望 日医

    2020年度予算 概算要求へ向けての要望書(5/15)《日本医師会》
    発信元:日本医師会   カテゴリ: 予算・人事等 医療提供体制 医療制度改革
     日本医師会はこのほど、2020年度の予算概算要求に関する要望書をまとめ、公表した。24年から実施される医師の時間外労働の上限規制に向けて、地域の医療機関におけるタスク・シフティングや、管理者の労務管理に関するマネジメント能力向上を支援するための予算の確保などを盛り込んだ。地域医療介護総合確保基金の大幅な増額も要請した。 要望書は、▽予防・健康▽働き方改革▽ICT・AI・IoTの活用▽介護保険▽医療安全-など12分野・・・

    続きを読む

    2019年04月12日(金)

    注目の記事 [医療保険] 市町村国保の17年度収支、450億円の赤字も赤字幅は縮小

    平成29年度国民健康保険(市町村)の財政状況について(4/12)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 国民健康保険課   カテゴリ: 医療保険 予算・人事等
     厚生労働省は4月19日までに、2017年度の国民健康保険(市町村)の財政状況を公表した。それによると決算補填目的の法定外の一般会計繰入金を除く、17年度の精算後単年度収支差引額は450億円の赤字となったものの、赤字幅は前年度から1,011億円の大幅減となった(p1参照)(p3参照)。 17年度の単年度収入額は15兆3,559億円となり、前年度に比べて3,467億円(2.2%)減少した。主な内訳は、保険料(税)収入2兆7,792億円・・・

    続きを読む

    2019年04月12日(金)

    注目の記事 [医療保険] 後期高齢者医療制度の17年度収支、保険給付費増で黒字縮小

    平成29年度後期高齢者医療制度(後期高齢者医療広域連合)の財政状況等について(4/12)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 高齢者医療課   カテゴリ: 高齢者 予算・人事等
     厚生労働省が4月12日に公表した「平成29年度(2017年度)後期高齢者医療制度(後期高齢者医療広域連合)の財政状況」によると、17年度の単年度収支は180億円の黒字、前年度からの繰越金反映後の収支は4,350億円の黒字となり、前年度に比べるといずれも黒字幅が縮小した。被保険者数の増加などを背景に、保険給付費が前年度比4.1%増と高い伸びを示したことが影響したとみられる。 17年度の保険料収入は1兆1,917億円(前年度比5.・・・

    続きを読む

    2019年03月29日(金)

    注目の記事 [医療提供体制] 医師働き方改革、労働時間短縮に全力で取り組む 厚労相

    根本厚生労働大臣会見 概要(3/29)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 大臣官房 総務課   カテゴリ: 医療提供体制 予算・人事等
     根本匠厚生労働大臣は3月29日の閣議後会見で、関係検討会が報告書をとりまとめた医師の働き方改革について、「厚生労働省としては、医師の長時間労働の短縮に向けて全力で取り組む」と決意表明した。地域医療確保のための暫定特例水準などの上限を1,860時間としたことへの批判には、2035年度末での廃止を視野に入れた特例であり、対象医療機関と医師を限定することや、医師の健康確保対策を徹底することなどを強調。「この水準が・・・

    続きを読む

    2019年03月27日(水)

    注目の記事 [予算] 19年度予算が成立、医療機関のICT化支援基金など盛り込む

    参議院本会議(3/27)《参議院》
    発信元:参議院   カテゴリ: 予算・人事等
     2019年度予算案が3月27日の参議院本会議で可決・成立した。厚生労働省予算の一般会計総額は32兆358億円、うち社会保障関係費は31兆5,937億円(前年度比2.9%増)。10月の消費税率10%への引き上げに対応して、診療報酬本体は0.41%(国費200億円)、介護報酬は0.39%(同48億円)引き上げるほか、オンラインでの被保険者資格確認の実現に向け、医療機関や薬局のシステム導入を後押しする「医療情報化支援基金」(国費300億円)を・・・

    続きを読む

    2019年03月11日(月)

    [予算] 地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金、内示額は21億円 厚労省

    平成30年度 地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金の内示(第2次補正予算分)について(3/11)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 老健局 高齢者支援課   カテゴリ: 予算・人事等
     厚生労働省は3月11日、2018年度地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金について、第2次補正予算分の内示額を公表した。内示額の総額は21億590.2万円、内示計画数は277件だった。内訳は、都道府県16億4,987.6万円、指定都市1億7,483.4万円、中核市2億8,119.2万円。都道府県別では、北海道が最も多く4億2,779.6万円。次いで、愛知県1億6,254.7万円、岐阜県1億3,078.9万円などとなっている(p1~p2参照)。・・・

    続きを読む

    2019年02月14日(木)

    [予算] 地域医療介護総合確保基金・医療分の内示額を公表 厚労省

    平成30年度地域医療介護総合確保基金(医療分)の第2回内示について(2/14)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医政局 地域医療計画課 医師確保等地域医療対策室   カテゴリ: 予算・人事等 医療提供体制
     厚生労働省は2月14日、「平成30年度(2018年度)地域医療介護総合確保基金」の医療分について、2回目の内示額を公表した。今回の基金規模は、16県に対し、総額51.1億円。このうち3分の2が、国費で賄われる(p1~p2参照)。 内訳は大きい順に、▽秋田県22.0億円▽栃木県16.2億円▽茨城県2.8億円▽青森県2.0億円▽山口県1.9億円-などとなっている(p2参照)。・・・

    続きを読む

    2019年02月07日(木)

    注目の記事 [予算] 18年度第2次補正予算が成立、風しん追加対策など盛り込む

    参議院本会議(2/7)《参議院》
    発信元:参議院   カテゴリ: 予算・人事等
     2018年度の第2次補正予算案が2月7日の参院本会議で、与党などの賛成多数で可決・成立した。厚生労働省関係では、▽39~56歳の男性を対象にした風しん抗体検査の補助(17億円)▽災害拠点病院の耐震化整備、給水設備強化、非常用自家発電設備整備(43億円)▽在宅人工呼吸器使用者のための非常用簡易自家発電設備整備(3.5億円)▽広域災害・救急医療情報システムの機能拡充(2.8億円)▽有床診療所へのスプリンクラー設置(20億円)▽・・・

    続きを読む

    2019年01月18日(金)

    注目の記事 [予算] 雇用保険などの追加給付で19年度修正予算案を閣議決定 厚労省

    平成31年度厚生労働省予算案の概要、平成31年度厚生労働省予算案の主要事項 新旧対照表(平成31年1月18日変更)(1/18)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省   カテゴリ: 予算・人事等
     政府は1月18日、厚生労働省の2019年度予算案を修正し、改めて閣議決定した。厚労省の「毎月勤労統計調査」が不適切な方法で行われていたことが原因で、雇用保険や労災保険などからの給付金が実際よりも低い額で支給されていたことが判明し、追加給付が必要になったため。一度、閣議決定した予算を見直すのは極めて異例。 修正後の厚労省予算案の一般会計総額は32兆358億円(修正前32兆351億円)、このうち社会保障関係費は31兆5・・・

    続きを読む

    2018年12月27日(木)

    [予算] 地域医療介護総合確保基金・介護分で総額11.51億円を交付 厚労省

    平成30年度 地域医療介護総合確保基金(介護分)の内示(2回目)について(12/27)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 老健局 高齢者支援課、 振興課   カテゴリ: 予算・人事等 介護保険
     厚生労働省は12月27日、「平成30年度(2018年度)地域医療介護総合確保基金」の介護分について、2回目の内示額を公表した。群馬県、千葉県、東京都、静岡県、滋賀県、京都府、兵庫県、高知県の都府県に対して国費ベースで総額11.51億円を交付。内訳は介護施設等整備分1.75億円、介護従事者確保分9.76億円となっている(p2~p4参照)。・・・

    続きを読む

    2018年12月21日(金)

    注目の記事 [予算] 2019年度厚労省予算、一般会計は2.9%増の32兆351億円

    平成31年度予算案の概要、平成31年度予算案の主要事項(12/21)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省   カテゴリ: 予算・人事等
     厚生労働省は12月21日、2019年度当初予算案を公表した。一般会計は総額32兆351億円。このうち厚労省所管の社会保障関係費は31兆5,930億円となり、2018年度当初予算比では、8,857億円(2.9%)増の高い伸びを示した(p2~p3参照)(p63参照)。 社会保障関係費の内訳は、年金11兆9,870億円(3,610億円・3.1%増)、医療11兆9,974億円(1,895億円・1.6%増)、介護3兆2,301億円(1,148億円・3.7%増)など(p3参照)<・・・

    続きを読む

    2018年12月21日(金)

    注目の記事 [予算] 2018年度第2次補正予算、風しん対策で17億円計上 厚労省

    平成30年度 厚生労働省第二次補正予算(案)の概要(12/21)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省   カテゴリ: 予算・人事等
     厚生労働省は12月21日、総額1,355億円となった2018年度第2次補正予算案の概要を公表した。全国規模で流行が広がっている風しん対策では17億円を確保。2018年度予算の活用分も含めて30億円を充当し、抗体保有率がほかの世代に比べて低い39~56歳の男性を対象に抗体検査の費用を補助する(p2参照)(p5参照)。 西日本豪雨や大阪北部地震、北海道胆振東部地震などの災害を受け、政府が閣議決定(12月14日)した「防災・減・・・

    続きを読む

    2018年12月21日(金)

    注目の記事 [予算] 社会保障関係費、自然増を4,768億円に圧縮 2019年度予算案

    平成31年度予算のポイント、我が国の財政事情、平成31年度社会保障関係予算のポイント(12/21)《財務省》
    発信元:財務省   カテゴリ: 予算・人事等 診療報酬 介護保険
     政府は12月21日、2019年度当初予算案を閣議決定した。一般歳出のうち社会保障関係費は、総額34兆587億円。8月の概算要求時点では6,000億円の自然増が見込まれていたが、▽介護保険料の総報酬割の拡大と生活扶助基準の見直し等(▲807億円)▽薬価の実勢価改定等(▲503億円)▽年金スライド分(101億円増)-で差し引き4,768億円まで圧縮。骨太の方針が求めていた、高齢化による増加分(4,800億円)に収める目標を達成した。2019年10・・・

    続きを読む

    2018年11月28日(水)

    [予算] 地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金、内示額は11億4,223万円

    平成30年度 地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金の内示(第2次)について(11/28)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 老健局 高齢者支援課   カテゴリ: 予算・人事等
     厚生労働省は11月28日、2018年度地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金について、第2次実施計画分の内示額を公表した。内示額は47都道府県の合計で11億4,223.0万円。内示計画数は126件となった。都道府県別の内示額は大きい順に、▽福岡県1億3,080.3万円▽北海道1億1,861.3万円▽和歌山県7,821.4万円-などとなっている(p2参照)。・・・

    続きを読む

    2018年11月28日(水)

    [経営] 医療・福祉業の2018年初任給、大卒以上で前年を下回る 賃金調査

    平成30年賃金構造基本統計調査(初任給)の概況(11/28)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付 参事官付 賃金福祉統計室   カテゴリ: 予算・人事等 調査・統計
     厚生労働省が11月28日に公表した「平成30年(2018年)賃金構造基本統計調査(初任給)」によると、医療・福祉業における2018年の大卒以上・新卒者の初任給は前年に比べて減少したことがわかった。高専・短大卒を除く、すべての学歴で産業全体の初任給水準を下回った。 調査は全国の労働者の賃金の実態を明らかにするために毎年実施している。今回は1万5,155事業所を対象に、新卒者の2018年初任給(6月分)を集計した・・・

    続きを読む

    2018年11月26日(月)

    注目の記事 [予算] 出生率1.8、介護離職ゼロ目指す 2019年度予算編成で諮問会議

    経済財政諮問会議(平成30年第15回 11/26)《内閣府》
    発信元:内閣府   カテゴリ: 予算・人事等 医療制度改革
     政府の経済財政諮問会議は11月26日、2019年度の「予算編成の基本方針」の策定方針をまとめ、安倍晋三首相に答申した。基本的考え方には、「希望出生率1.8、介護離職ゼロの実現を目指すとともに、生涯現役社会の実現に向け、高齢者雇用促進のための改革等を実現し、全世代型社会保障制度への取り組みを進める」との文言を盛り込んだ。答申を受けて安倍首相は、財政健全化の取り組みを推進する一方で、重要政策課題には必要な予算・・・

    続きを読む

    2018年11月20日(火)

    注目の記事 [医療改革] 来年度の社会保障費の伸び、高齢化による増加分に抑制 財政審

    財政制度等審議会 財政制度分科会(11/20)《財務省》
    発信元:財務省   カテゴリ: 医療制度改革 予算・人事等 診療報酬
     財政制度等審議会・財政制度分科会は11月20日、2019年度の予算編成に関する建議をまとめ、麻生太郎財務大臣に答申した。2019年度は「経済財政運営と改革の基本方針2018」(骨太方針2018)に定められた「新経済・財政再生計画」の基盤強化期間の初年度にあたることから、社会保障関係費の伸びについては、「『高齢化による増加分に相当する水準におさめる』という方針の下、決して財政健全化の手綱を緩めることなく、これまでと同・・・

    続きを読む

    2018年11月20日(火)

    注目の記事 [税制改正] 500万円未満の医療機器購入費等で税制改正を要望 相澤日病会長

    日本病院会 定例会見(11/20)《日本病院会》
    発信元:日本病院会   カテゴリ: 税制改正 予算・人事等
     日本病院会(日病)の相澤孝夫会長は11月20日会見し、2019年度の税制改正に向け、100万円以上500万円未満の医療機器購入費と、医療機器保守管理料について、税制上の抜本的な措置を講じるよう、関係議員に要望していることを明らかにした(p1~p2参照)。 高額な医療用機器の購入については現在も、特別償却制度が設けられているが、対象は取得価格が500万円以上の場合に限られている。 相澤会長は会見で、「(特別償却制度・・・

    続きを読む

    2018年11月08日(木)

    [医療改革] 予算編成に関する建議とりまとめに向けた議論を開始 財政審

    財政制度等審議会 財政制度分科会(11/8)《財務省》
    発信元:財務省   カテゴリ: 医療制度改革 予算・人事等 診療報酬
     財務大臣の諮問機関である財政制度等審議会の財政制度分科会は11月8日開かれ、「2019年度予算の編成等に関する建議」についての審議に入った。分科会は例年、11月中旬から下旬に、翌年度の予算編成の基本的考え方を示す建議をとりまとめている。2019年度予算編成では、10月の消費税率引き上げに伴う医療機関の控除対象外消費税への対応が焦点の1つ。医療関係団体や厚生労働省は、診療報酬の臨時改定による財源の補てんに加えて、・・・

    続きを読む

    2018年10月23日(火)

    [国庫補助] 医療施設の電波遮へい対策で、補助金の交付決定 総務省

    「無線システム普及支援事業費等補助金(電波遮へい対策事業のうち医療施設を対象とするもの)」の交付決定
    発信元:総務省 総合通信基盤局 電波部 電波環境課   カテゴリ: 予算・人事等
     総務省は10月23日、「無線システム普及支援事業(電波遮へい対策事業)」のうち、医療施設を対象とした事業への補助金交付先が、公益社団法人移動通信基盤整備協会に決定したと発表した。対象医療施設は独立行政法人国立病院機構災害医療センター、補助金額は2,412万円となる(p1参照)。同事業は、トンネルや医療施設といった電波が遮へいされる場所に移動通信用中継施設の整備を行う一般社団法人などに対し、国がその設備・・・

    続きを読む

    2018年10月18日(木)

    [経営] 北海道胆振東部地震、被災施設対象に特例措置を実施 WAM

    平成30年北海道胆振東部地震により被災された皆さまへの特例措置の取扱いについて(10/18)《福祉医療機構》
    発信元:独立行政法人福祉医療機構   カテゴリ: 予算・人事等 その他
     福祉医療機構(WAM)は10月18日、北海道胆振東部地震で被災した社会福祉・医療関係施設などに対する新たな特例措置として、3年間の無利子貸付制度の創設と、二重債務問題対策のための償還期間の延長を実施すると発表した。 無利子貸付制度の対象は、北海道胆振東部地震での被害について、市町村長が発行する証明書などを提出できる社会福祉・医療関係施設の事業者。融資条件などの詳細は、機構のホームページで確認できる・・・

    続きを読む

    2018年10月15日(月)

    注目の記事 [予算] 2018年度補正予算案、復興支援で315億円要求 厚労省

    平成30年度 厚生労働省補正予算(案)の概要(10/15)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 大臣官房 会計課   カテゴリ: 予算・人事等
     厚生労働省は10月15日、同日の臨時閣議で決定した「2018年度厚生労働省補正予算案」を公表した。大阪北部地震、西日本豪雨、台風21号、北海道胆振東部地震などの被災地の復旧・復興支援の費用として総額315億円を計上した(p1参照)。 補正予算案は、▽災害応急復旧等(289億円)▽生活の再建(9.9億円)▽生業の再建(17億円)-で構成。災害応急復旧等では、医療施設(94億円)、精神科病院を含む保健衛生施設(6.1億円)、・・・

    続きを読む

    全827件中1 ~25件 表示 最初 | 前 | 1 - 2 - 3 - 4 - 5 | | 最後
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ